早漏を引き起こす原因には様々なケースが考えられるため、症状別で治療の対策を行うことが大切です。

  • TOP
  •     
  • >
  •     
  • 早漏とは

早漏とは

日常生活に例えるのであれば「壊れた蛇口」と言える早漏を、このように定義しています。

1分以内でイク
「イキたい」という気持ちを自分で調整できない
早くイクことが苦痛となっている

このどれか1つでも思い当たる節があれば、早漏と判断できます。
水道の蛇口が壊れたら、水の量などを調整できなくなりますよね。

壊れた蛇口

早漏も同じでイクのが早いだけでなく、タイミングなどを調整することが困難になることや、その影響でこころの負担となることも。

その原因は一昔前までは器質、つまり体にあると考えられていましたが、最近の研究からは心因(こころ)にもあると考えられるように。

世界的な調査によって明らかになっているのは、18~65歳以上の人の30%が自分が早漏であることを自覚しているという結果です。

とくに18~30歳までの若年層に多くみられ、40歳以降ではもう1つの生理病であるEDの問題を同時に抱えているケースが多く見られています。

包茎の種類

からだが要因となる早漏は2つあります。
1つ目は「包茎

包茎といっても、真性・カントン・埋没などがありますが、早漏の要因となるのは「仮性包茎」になります。

普段の生活で亀頭が顔を出していない状態なので、刺激にとても敏感なことがイクのを極端に短くしていると考えられています。

これは若者に多く、国内で包茎の人は全体の70%にもなるので必然的に患者数も多くなっています。

仮性包茎の男性すべてに起こる訳ではないですが、とくにこれからという若者は要注意。
2つ目は「衰弱(筋肉の衰え)

これは射精に関わる「射精管閉鎖筋」という筋力が年齢と共に衰えることで、イクのを我慢できなくなってしまいます。

つまり自分の意志とは裏腹に、漏れるという事です。

筋力の衰えは若者では考えられず、むしろ中高年からはじまります。
なのでこのタイプは、中高年男性に多いとされています。

仮性包茎の男性

心因(こころ)が要因になることは1つ。
1つといっても、人のこころの問題になるのできっかけとなる出来事は十人十色。

女性に比べる男性は、とっても繊細です。

SEXでの失敗経験が後の不安につながることや、それが初体験であれば不安や緊張などが入り混じった感情が湧いてきます。

もちろんこういったリアルタイムなことばかりでなく、過去に起因することも。
幼少期のトラウマや、本人でも気付かない出来事が無意識の中で影響していることも。

年齢を問わないのも特徴ですが、比較的経験人数が少ない若者に多く見られます。
要因をここまで幾つか挙げてきましたが、治療する方法もちゃんと存在していますので諦めず治すようにしましょう。

早漏改善をするお薬としてはスーパータダライズタダポックスが特におすすめ。

スーパータダライズの通販