タダポックスという早漏とEDの2つの症状を改善する効果が期待できるジェネリック医薬品についてご紹介します。

  • TOP
  •     
  • >
  •     
  • タダポックスとは

タダポックス

タダポックス

男性にとってはありがたい、2つの効能をもったジェネリック医薬品をご紹介。
異なる薬理がある成分が2つ入っていて、それが「ダポキセチン」と「タダラフィル」になります。
人気のスーパータダライズも同様の成分が含まれていますが、人によってはこれからご紹介するお薬の方が好みという人もいるかもしれません。

もし治療の経験がある人であれば、上記の成分だけでピーンと来る人もいるかも。
これは、プリリジー&シアリスの成分であり、商品名はタダポックスになります。

早漏の治療薬とED治療薬の成分が入っている、まさに夢のような薬です。
タダポックスをここで紹介するのには、理由があります。

実はこの2つの成分は、とても高価な医薬品として知られています。
プリリジーの処方を病院で受けると1錠はなんと…3000円もします。
シアリスは1800円…。

早漏とEDは合併することでも知られ、2つの治療を受けるのであれば1回のSEXで少なくとも4800円かかる計算です。

こんなに高いのはどちらの治療も保険が利かないためであり、高い処方費用に加えて受診料などもかかってくるので、かなり大きい負担に。

医薬品をネット通販する男性

そういった治療費の問題を改善できるのが、複合薬ジェネリック「タダポックス」です。
1錠は500円ほどで販売されており、国内での入手は出来ませんが個人輸入や海外通販サイトを利用することで誰でも簡単に購入することができます。

1回4800円と500円では相当大きな違いになるので、とくに2つが合併しやすいとされる40代の人は要チェックです。
ここまで価格についてのお話をしてきましたが、ここからは成分について少し触れていきたいと思います。
プリリジー成分ダポキセチンには、神経物質セロトニンを一定濃度まで戻すことができます。

この物質が不足している状態になると過剰な興奮を招き、早漏の原因になると考えられています。
少し難しい話ですが、脳にはシナプス間隙と呼ばれる部位があり、そこにダポキセチンが作用すると再吸収されるを抑えてくれ一定まで濃度を上昇させてくれます。

興奮を鎮めることで射精感の減退につながり、約3~4倍の時間遅延させることができます。
もう1つの成分であるタダラフィルには、血管の拡張作用があります。

EDの原因はペニスへの血流不足にあるとされ、タダラフィルを服用することで血管を拡げることができ血流を改善してくれます。

しかもその効き目は最大で36時間も持続し、副作用も少ないことから、より便利に使用できるED治療薬成分となっています。

2つの有効性分を含んだタダポックスは、ジェネリックだからこそ作れる製品となっています。
早漏に悩み、その治療薬に対して知識を持つ事というのは十分治療の第一歩と言えます。

早漏防止薬の通販