早漏改善薬は医者に通院しなくても、ネット通販で簡単に購入が可能です。個人輸入の方が価格帯も安価でとてもお得です。

  • TOP
  •     
  • >
  •     
  • 早漏改善薬の通販

早漏改善薬の通販

現代たくさんの早漏改善のお薬が存在していますが、購入の仕方によって値段がまったく異なります。

倍以上異なるケースもあるので分かりやすくご紹介します。
お薬と聞いてまず一番最初に想像するのが病院であるという人がほとんどのはず。
もちろんこれは一つのセオリーであり確実に治療するという目的のもとでは間違いではありません。

しかし早漏については必ずしも正解とは言えないんです。
早漏改善をしようとしている人に病院でお薬を処方してもらう事のデメリットをご紹介。

スマートな男性

通院の手間
今や日本人は世界的に見ても最も忙しく、最も働く人種と言われています。
少し前だと海外の人が日本と聞いて想像する言葉が「過労死」だったりしたことも。

そんな我々日本人は基本的に時間に追われている人がほとんど。
そんな毎日の生活の中で、病院に行くとなると決して簡単なことではなく、仕事の時間や家庭の時間を削って行くとなると億劫になってしまいます。

高い費用
早漏改善にかかる費用は「保険適用外」であるため、はっきり言って高いです。
初診料(機関により異なる)、診察料、お薬代金などこれらがすべて自費となるためお会計時にお金が足りないなんてことも。

どのくらい高いかというのは病院により大きく異なるため一概には言えませんが、お薬代だけで言えば平均4000円はすると考えておいた方が良いです。

プライバシー
早漏は何科に行けば良い?という疑問を持ったことがあるかと思います。
基本的には泌尿器科に行けば間違いありません。

人口が多い都市であれば泌尿器科専門の病院も存在しますが、地方に行けば行くほど総合病院の泌尿器科というのがほとんどになるかと思います。

そして地方の場合、病院で知り合いに遭遇してしまうということも決して珍しい事ではないため、タイミングが悪いと泌尿器科に通院している事が知り合いにバレてしまう可能性も。

通院はリスクが大きい

これらのデメリットがあげられますが、一挙に解決する方法が存在するんです。

それが海外医薬品の個人輸入という方法。
海外で処方されているお薬をインターネットを用いて通販で個人的に輸入するという方法で、日本で未認可のお薬であっても海外で認可を受けているお薬であれば、個人で服用する場合に限り輸入する事ができるというものです。

ただし輸入規制に該当するお薬は購入できません。
現代ではこうした海外医薬品の輸入を代行してくれるサービスを提供してくれるサイトというのも多数存在しているため、英語などの言葉の壁もまったく気にならず、国内の通販と同じように購入が可能。

さらに、なんと言っても海外医薬品は国内の物価とは関係がないため安価で購入する事ができるんです。

病院で平均4000円前後のお薬も海外通販だと500円程度で購入する事もできます。
海外の通販のため送料が1000円程度かかってしまいますが、それでもその他の初診料や診察料がかからないのであれば非常にお得と言えます。

そして通院の手間もないので病院などで知り合いに遭遇してしまうなんてこともありません。

この方法であれば「通院の手間」「高い費用」「プライバシー」のデメリットすべてを解消し早漏改善のお薬を購入する事ができるので大変おすすめ。

もし早漏を治そうと考えている人がいるなら、是非そうした個人輸入の代行サービスを行うサイトというのを覗いてみるだけでも治療に役立ちますよ。

早漏防止薬の通販